ホーム > 小林製薬 > 小林製薬

小林製薬

ヒフミド

お肌の一番外にある角質層は、お肌に蓋をして水分の蒸発を防ぐことで、お肌の潤いを保っています。

この角質層の細胞間物質という脂質の40?65%を占めているのがセラミドです。

セラミドが、加齢や、乾燥、ストレス、紫外線などが原因で減少するとお肌のバリア機能が低下、お肌の老化や、トラブルにつながります。

「ヒフミド」は、このセラミドに注目、バリア機能を再現する天然型セラミド?を配合して、お肌の老化の原因になる乾燥や、外部刺激、紫外線を防ぐことでお肌の老化、トラブルを防ぎます。

天然セラミド?は、皮膚にあるセラミドと同じ構造のため、お肌に浸透しやすくお肌のバリア機能をダイレクトに補うことが出来ます。

天然型セラミド?は、合成セラミドや、合成疑似セラミド比べ水分の通過量が最も少なく保湿効果が高いのですが、水にも油にもなじまない性質のため、化粧品に配合するのはとても難しいのです。

小林製薬では、長年の研究の末、高濃度で配合することに成功しました。

この「ヒフミド」シリーズには、パラベン、エタノール、香料、着色料は使用されていません。


関連記事

小林製薬 ヒフミドトライアルセット【通販限定】
小林製薬 ヒフミドトライアルセット 小林製薬の【ヒフミド】では、初めてのお客様専...
小林製薬
【ヒフミド】 お肌の一番外にある角質層は、お肌に蓋をして水分の蒸発を防ぐことで、...